一生に一度は食べてみたい干物    

みなさんこんにちは!

 

最近文章ばかりの目がしパしパしそうな更新(;´∀`)が多かったので

今日は食レポ第2弾、『一生に一度は食べてみたい干物』と題して

かれいの干物の中で美味しさ、美しさから一級品といわれている

若侠カレイ(ヤナギムシカレイ)の干物の紹介です!!(^^)!

 

 

 

言わずとも知られた鰈の高級魚ヤナギムシカレイ。

セイダ同様地域によって呼び方は様々で

オチョボガレイ、クビナガ、クリノキハ、ササガレイ(笹鰈)、ヒガレイ、ホウレン、

ヤナギ、オイラン・・・等々。

 

島根のマルエイさんから基礎を学んだ弊社では笹カレイの呼び方がしっくりきます( ˘ω˘ )

 

呼び方は違えど、どの地域でもとても美味しい高級なかれい、

カレイ好きなら一度は食べてみたいお魚でございます。

 

 

そんな笹カレイを今回も もちろん干物で美味しく戴きます!!

 

新人のお小遣いで買える範囲なのでかなり小ぶりのものの購入でしたが

姿かたちの美しさと小ぶりでもしっかりと身がついていて朝の焼き魚定食には

ちょうどよい大きさです。

 

まず焼いているときの香り。

干物らしい香りですが臭味は少なく

海老を炒ったときにする匂いに似た香ばしい香りがします。

 

今回焼き加減はややしっかり目で香ばしくしました。

口に含んだ瞬間笹かれいの風味が品よく、でも濃厚に広がります。

 

思わず写真撮り忘れるくらい夢中で味わってしまいました!!( *´艸`)

 

やはり高級魚たる所以ですね!

小ぶりのものでは比較的お手頃な価格帯で販売しているものもあるので

是非みなさんも1度は食べてみてはどうでしょうか(^^♪

 

 

 

 

以上、笹カレイ食レポでした~

 

 

ブログ一覧へ戻る