日本一の漁獲量    

みなさんこんにちは!

先日、宮古魚市場敷地内の番屋での商標登録の説明会に参加してきました。

主な話の内容は地域団体商標登録と地理的表示(GI)保護制度の概要と
活用事例を用いた取り入れ方の考え方等、実際に登録を目指したときに
どういったことに注意したらいいのかを分かりやすくかみ砕いてお話してくださいました。

今回説明戴いた商標登録は基本的に地域で相談、
協力して登録申請するものなので役所の方や組合の方々が中心の参加でしたが
商品を差別化、ブランディングしたり、
品質の維持・保証をするために商標登録は有効な手段なので
私新人も更に勉強したいと思います( ˘ω˘ )

さて今回のタイトル『日本一の漁獲量』ですが、
私も最近知りましたが、岩手県宮古市はここ7年連続で
真鱈(マダラ)の漁獲量が日本一の港なんです!!!(^^)!

1年を通してマダラ、スケトウダラの水揚げが多く
体長50cmをゆうに超える大きいものから20cm程度の小さいものまで
幅広く獲れます(^^♪

新鮮なマダラが獲れる宮古ならではの食べ方は
もちろんお刺身です。

以前、大阪から来てくださった業者さんもタラのお刺身には
とてもびっくりしていたそうです。

身が柔らかく崩れやすいタラですが鮮度が良いとお刺身にしても形が崩れません!
そして何とも言えない歯ごたえと甘い身が口に溶ける感じがまた・・・( *´艸`)

宮古にはお刺身にもできる究極の鮮度の一級品『極鮮』の真鱈を取り扱っている
業者さんもいるので興味が沸いた方は是非探してみてください(^^♪

今日はずっと落としたかったお魚を無事にGETすることができたので
新人、上機嫌でございます。

鱈だけにタラタラターン!!

なんちゃって・・・寒|д゚)

今日も一日お疲れ様です。

・・・ちなみに今日の写真は週末に八幡平で撮影したものです。

ブログ一覧へ戻る